バナー

脱毛の自己処理法と特徴

脱毛を自宅で行う場合、多くの人が実際に利用したことがあるのが毛抜きです。

毛抜きはとても小さなグッズで持ち運びにも便利ですので、出先で処理を行いたい時用にと用意しておく人も多いようです。



毛抜きはムダ毛を掴んで引き抜くだけという単純作業でツルツルの肌にすることができて便利ですが、強度が十分でないムダ毛を引き抜く際には途中で切れてしまう恐れがありますので注意しなければなりません。
安全に引き抜くためには、根元の方をしっかりと掴んで一気に引き抜くことが大事です。

テープやワックスは短い時間に広範囲の処理を行いたい時に便利です。
特にテープはワックスのように待ち時間がありませんので、出かける直前に気づいてから処理を行っても間に合います。
貼ったり塗ったりして剥がすことでムダ毛を絡め取る方法であり、一気に引き抜きますのでやや強い痛みを伴います。ワックスはその性質上ムダ毛に密着させるのが容易ですので処理残しが発生しにくいのですが、テープは慎重に貼っていかないと空気が入って処理残しが発生します。



ムダ毛の再生に影響を与えるような方法としては、光脱毛器やレーザー脱毛器があります。
家庭用では出力が抑え目ですのでエステサロンやクリニックに通った時と同じレベルの効果を得るのは難しいのですが、一回あたりの効果が低い分は回数でカバーできますので、長い期間をかけて処理を行うことに抵抗がなければ自宅でも本格的な効果が得られます。